18. 【メディカルハーブ その4】

前回までの内容は、ハーブを使用するには
その前にするべき大事なものがあるという話でした。

それは、
「何の惑星の病気で、何の惑星が傷んでいるのか?」
という診断です。

【メディカルハーブ その4】

残念ながら、ハーブと惑星を結びつけている方は少ないですし、
そういった方でも、”ナチュラル・ルーラー”以外の使い方は
あまりご存じないようです。

ナチュラル・ルーラーとは、
「◯◯と言えば☓☓!」
というものです。

金星といえば、恋愛。
火星といえば、闘争。

こういった惑星との一対一対応のことを、
”ナチュラル・ルーラー”と言います。

極端な言い方をすれば、
「◯◯は金星のハーブだから恋愛運アップ」
といった使い方をするわけです。

確かに100%間違っているわけではないのですが、
合っているとは到底いえません。

むしろ、タイミングによっては恋愛運を悪化させるかもしれません。

ですから、ナチュラル・ルーラーで判断しない、というのがとても重要です。
これは、現代占星術では散見されることですが、
ナチュラル・ルーラーはあくまでも、惑星の一側面でしかありません。

相違言った考え方ではなくて、個人個人を見て、

その人にはどの惑星の力が足りないのか?
どの惑星の力を強めればよいのか?

これを考える必要がある訳です。

ニコラス・カルペパーの「Complete Harbal」には、
どのハーブがどの惑星、と書いてありますが、
それはナチュラル・ルーラーとして使うわけでは無いということです。

そして、診断には惑星がどうか?というだけでなく、
もう一つ見るべきポイントが有ります。

続きは次回!
お楽しみに(^_-)-☆

週刊伝統的占星術日記より

LINEで送る
[`evernote` not found]

伝統的占星術の面白さをお伝えします