1. 「逆行と相場変動」

今回から、金融占星術のコンテンツも始めます( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ
まず、始めにお断りしますが、金融占星術は占星術とは言いますが、占いの占星術とは似て非なるものです。

ハッキリ言ってしまいますと、金融占星術はデータ勝負です。
どのような確率で、どのようなことが起こるのか、がクリアです。
逆に言えば、確率で表せないのにトレードでは使えませんよね(;´∀`)

一方の占いの方は、経験則です。
これは、データをとってどうのこうのとはしづらいものです。
なぜなら、全く同じ人間というのは、存在しないからです。
人間というのは、それだけ個性が豊かなんです(*^_^*)

前置きはこのくらいにしまして、金融占星術、スタートします。
今回は、一番使いやすいものから、ご紹介します。
それは、“逆行”です。

日中の太陽や星空を見ていると、東から西に進んでいるように見えます。
これは、地球の自転のためです。

ところが、公転の影響は逆です。
つまり、西から東に向かっています。
だから、日の出の時間が毎日変わるんですね(*^_^*)

しかし、全ての星がそのような動きをしているわけではあリません。
星によっては、東から西に動くときもあるのです。

それが、惑星です(・ω<)

基本的には西から東に動いているのですが、ある日を境に急に東から西に動き出します。
そして、また西から東に動くようになります。

このように行ったり来たりするのです。
リンクの右上の図を見て下さい。

面白いことに、火星が方向転換をしています。
だから、惑星(惑わす星)と言うんですね。

そして、
・西から東の動きを順行
・東から西の動きを逆行

と言います。

こういった逆行の時には、相場が変化しやすい期間です。
特に、逆行の開始と終了の期間はそうです。

山中康司さんという、元バンク・オブ・アメリカのディーラーは、特にこういったことを研究されています。
そして、逆行と相場の関係を一覧表にされています。

是非、ご活用下さい(*^_^*)

2014年01月06日週刊 金融占星術日記より

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

伝統的占星術の面白さをお伝えします